常々、問題視されるネットワークビジネス・マルチマーケティングの勧誘方法
グループによっては、
勉強会などで、ローリングプレイ的に、

お友達の誘い方、声がけ、勧誘文句、トークスキルなどの練習をしたりして
人に嫌がられない勧誘方法を、考えていることでしょう。

ネットワークビジネスをやっている人ならば
勧誘しても、まずは、警戒されることぐらいはわかりますよね。
断わられることも想定内。

お友達を誘わないでネットワークビジネス成功する方法を知りたい?

ネットワークビジネスの勧誘方法、場所はカフェが最適


一般的にお誘いをしやすいのは、カフェとか、ファミレスとかね。

多少騒がしいほうが、こちらの話も周囲に聞こえづらいですから
逆に話やすい。
lgf01a201412251900-1024x683
シーンとしていると、話しづらいですものね。

●将来どうしたい?
●ずっと雇われて生きていくのか?
●夢を叶えたいとおもうよね?!
●老後はやばいよ・・・

こんな風に、相手の悩みを引き出しながら、
ネットワークビジネスだったらお金持ちになるよ!

と話をして、勧誘をしていくことも特徴としてあるかも。

最初から強引に、ビジネスしよう!と話てはいけないと
アップから教わることでしょう。

長年、ネットワークビジネスのこうした勧誘方法は続いています。

ネットワークビジネスの勧誘には、
一時有名になった本、
金持ち父さん貧乏父さんの中で、権利収入をもつことだ、と
書いてある内容に触れたりする勧誘方法も特徴的。

金持ち父さんの本の話がでたら、ネットワークビジネスの勧誘だから
断わったほうがいいよ、なんていう人もいるものです。

そして、ブラックな勧誘方法といえば、
毎年問題になっている、

『これを飲めば癌にならない』
『つえなしで歩けるようになった』

などと、ネットワークビジネスの勧誘が違法勧誘とみなされてしまう方法で
やってしまうこと。

違法勧誘では
営業停止にもなってしまいますから。



もう、勧誘文句が見つからない、誘う人限界・・・

多くのネットワーカーが壁にぶちあたる、
どうやって勧誘したら断わられないのか、

興味をもってもらえるのか。。 頭を抱えるネットワーカーが多い現実。


こうした長年続いているネットワークビジネスの勧誘方法はいつまでも
違法勧誘になりつつ、

結局、限界を感じて、やめてしまうことにつながっています。

ありきたりの勧誘方法ではもう限界でしょう。

ネットワークビジネスは日本では大変不人気。

たくさんの会社が生まれては、撤退するネットワークビジネス会社もあるし

いつのまにかなくなっている会社もあるけど、

日本では、悪いイメージが多く、誤解も偏見も多い。


家から一歩もでないでダウン構築@